2021年11月19日

  • トレンド
  • 安全運転指導
  • 車両管理業務
  • 総務

車両管理の効率化で生産性向上を図るには

少子高齢化に伴う労働人口の減少によって、企業では従業員1人1人の生産性をどのように向上するかということに注目が集まっています。本記事では、車両を使った営業活動を効率化し、生産性を向上するためのポイントについて紹介します。

 

目次

限られた労働力で高い目標を達成するために求められる生産性

 ・ 今後減少が見込まれる労働力

 ・ 2021年、国際的に日本の労働生産性は低い

車両管理の効率化により営業の生産性を向上

 ・ ①営業ルートの最適化

 ・ ②日報作成時間の短縮

 ・ ③事故リスク低減で営業活動の足を止めない

時間短縮とリスク回避で営業生産性を向上

限られた労働力で高い目標を達成するために求められる生産性

日本では少子高齢化による労働人口減少が進んでいます。
この流れは今後もしばらく続くと見られていることから、限られた労働力で高い目標を達成するためにもいかに生産性を高めていくかを考えていく必要があります。

今後減少が見込まれる労働力

中小企業庁が公表している2018年版の中小企業白書によると、
日本の生産年齢人口は1995年の8,700万人をピークに減少の一途を辿っていることから、2015年には7,700万人にまで減少しています。この流れは今後も継続することが見込まれ、2060年には2015年の6割となる4,800万人まで減少すると予想されています。

出典:中小企業庁「2018年版中小企業白書」

2021年、国際的に日本の労働生産性は低い

上述のように、労働人口の減少が予想されていることもあり、労働者1人1人の生産性を如何にして向上させるかということに注目が集まっています。

しかし、日本の1人あたりの労働生産性は海外の主要国と比較すると決して高いとはいえません。公益財団法人日本生産性本部が公表した「労働生産性の国際比較 2020」によれば、日本の1人当たり労働生産性は、81,183ドルとOECDに加盟している37カ国中26位となっていす。

出典:公益財団法人 日本生産性本部「労働生産性の国際比較 2020」

このような現状を打破し、労働生産性を高めるためには、どのようなことが重要になってくるのでしょうか。

次章では、いくつかある労働生産性向上の方法の中から、車両管理の効率化によって生産性を向上するためのポイントについて紹介します。

車両管理の効率化により営業の生産性を向上

本章では、営業の生産性を向上するための3つのポイントについて紹介します。

① 営業ルートの最適化

営業ルートの選定は従業員に任せられているケースもあります。それぞれが最適なルートを通っていると考えていても、実際は更に早いルートがあることも少なくありません。

地図アプリやカーナビ、AIによるルート最適化などを活用し、営業ルートを最適化することで、
1日30分でも時間を削減できるようになれば、20営業日で10時間もの時間を確保することができす。
営業ルートの最適化によって空いた時間を顧客との面談時間やその他の業務にあてることで、20日8時間勤務160時間分として考えた場合、6%程度の労働生産性の向上が見込めます。

② 日報作成時間の短縮

1日の業務を振り返りながら手書きで記載する必要のある営業日報の作成は時間と手間がかかることも少なくありません。
このような紙での営業日報作成業務の効率化は当日の車での移動履歴を保存してくれるようなツールを用いることで実現できます。

ツールを用いて当日の移動履歴をすぐに確認できることで、移動履歴を振り返る手間が無くなり、日報作成の時間を短縮することが可能です。
また、日報作成業務を短縮した時間をその他の業務にあてることで、生産性の向上にも期待できます。

③ 事故リスク低減で営業活動の足を止めない

車両を使った営業活動は交通事故のリスクが高くなります。
事故が発生してしまった際には、企業として事故状況の確認や保険会社への連絡、労災の手続きなどさまざまな対応が必要になるため、事故の規模によっては当日の業務に影響が出てしまうだけでなく、その後しばらく営業活動が行えなくなるリスクもあります。さらには、企業としてもイメージの毀損につながってしまうおそれもあります。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、危険運転を行わないような注意喚起や安全運転講習などの実施が重要となります。

また、従業員全体に向けた講習では自分ごととは認識してもらうことが難しく、
安全運転意識の向上をはかれない可能性があります。そのため、運転者自身の移動履歴などを蓄積できるツールなどを用いて、個人のデータの基づいた指導などを実施できれば、より安全運転意識を高めることが可能です。

 時間短縮とリスク回避で営業生産性を向上

労働人口が減少しつづけていることから、慢性的な人手不足に陥る企業も少なくないと考えられます。
限られた人員の中、業務を遂行していくためには車両での移動や日報作成業務の時間を短縮することで、事故のリスクを回避し、営業生産性を向上することが重要となってきます。

前章で紹介したような効率化を実現するためには、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の導入がお勧めです。

ビークルアシストでは、効率の良いコースを自動作成してくれる機能や自動日報作成機能のほかに、
安全運転指導を自動で行ってくれる機能など、営業生産性を向上してくれるさまざまな機能が搭載されています。

生産性向上でお悩みの方はビークルアシストの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。