2021年9月12日

  • 社用車・営業車
  • 車両管理業務
  • 総務

社用車を使った営業活動の効率化に必要なこととは?

日々タイトなスケジュールで行う営業活動は効率の良さが求められます。しかし車両を使った営業活動は事故等のリスクを伴います。この記事では事故リスクを回避しつつ営業効率を上げる方法について解説します。

目次

  1. 限られた人員と時間で生産性を上げるには

  2.  生産性向上を図る!車両を利用する企業が見直したい3つのポイント
    • 営業ルート
    • 日報の作成
    • 車両管理にかかる時間

  3. ビークルアシストの活用でリスク低減
    • 自動コース作成でルート最適化
    • 手間のない日報作成
    • 危険挙動の可視化でリスク低減

限られた人員と時間で生産性を上げるには

限られた人員と時間の中で売上を向上させるためには、ムダを削減し、生産性を向上させることが重要となります。車両を用いた業務を行っている企業では、どのようにして業務の効率化を行っているのでしょうか。本記事では生産性向上のためにも見直しておきたい3つのポイントについてご紹介します。

生産性向上を図る!車両を利用する企業が見直したい3つのポイント

以下では業務用車両の利用や、管理の中で見直しておきたい3つのポイントについてご紹介します。

営業ルート

1つ目は、営業活動をする際の移動ルートの選択です。営業ルートは、営業マンによって大きく差が出る部分です。ルートは各営業マンのノウハウによって決定されたり、少し古いナビの情報をもとに決定されていたりするケースもあり、最適化されていないケースも少なくありません。

営業ルートが最適化されることで、1日にまわる訪問先を増やしたり、その他の営業活動に充てる時間を増やすこともできます。また、渋滞や事故のリスクが高いルートを避けられることで従業員の安全を確保することにもつながります。

日報の管理にも莫大な工数

日報の作成

2 つ目は、日報の作成です。一定台数以上の社用車を保有する企業は、安全運転管理が義務付けられており、その中に運転日報管理も含まれています。使用目的や走行時間・距離・運転者情報などを記録しなくてはなりません。

日報の作成には、多くの手間と時間が必要となりますが、同時に日報の管理にも莫大な工数が必要となります。このように多くの手間と時間が欠けられている運行日報を効率化することで、記入者・管理者双方の負担を軽減することができます。

車両管理にかかる時間

3つ目は、車両管理工数です。先に述べたとおり、社用車保有する企業は安全運転管理が義務付けられています。この中には交通事故を起こさないよう、事故を未然に防止するための管理義務も含まれます。


民法715条では、使用者責任について定義されており、使用者である企業側には法令順守や事故などに対する教育や未然防止の措置をとる必要があります。従業員が勤務中に事故を起こして損害を与えた場合、車両管理規定に基づいて日頃から従業員に対して注意喚起をしていたと認められれば、賠償責任が使用者には及ばないことも定められているため、教育や管理業務は非常に重要であることがわかります。


しかし、営業マンが毎日どのようなルートでどのように運転しているのかを管理者が手動ですべて把握するのはほぼ不可能といえます。毎日の利用状況を自動収集し、危険な運転やリスクを察知できる仕組みづくりが必要です。

車両管理システムによる自動化が効率化のカギ

効率化する為の3つのポイントを実現するには、具体的にどのように対策すればよいのでしょうか。解決策の1つとして Pioneer の「ビークルアシスト」の活用による自動化が挙げられます。運転情報や利用状況を自動収集、分析することで「自動化」「脱属人化」となり、営業業務効率化を実現します。

ここでは Pioneer のビークルアシストの便利な機能についてご紹介します。

自動コース作成でルート最適化

1つ目の機能は、自動コース作成機能です。当日の目的地を入力することで、1日の最適ルートを自動的に作成してくれます。これにより社員毎の選択ルートのばらつき防止にもつながります。さらにそのルートをカーナビに転送することも可能なため、手動でナビ設定する手間も軽減できます。

またルート検索条件として、あらかじめ事故リスクの高いルートを選択しないなどの条件を入れることで、事故発生リスクを低減できるメリットもあります。

手間のない日報作成

2目の機能は日報管理です。日報には当日の利用者、利用時間、移動先、目的などの記載が必要となりますが、これらに必要な情報を予約システムや車両のナビ情報などから収集してくれます。よって入力すべき手間を最小限にできるだけでなく、距離や移動先を正確に管理することが可能となります。

危険挙動の可視化でリスク低減

3つ目の機能は、事故の未然防止です。ビークルアシストには、運転情報を収集し危険な運転を検知した際にログを残し、自動的に通報する機能があります。たとえば急ブレーキを踏まないといけない状況になった場合、その情報をドライブレコーダーに残しながら、メールで管理者に通報が可能です。

挙動を可視化することで誰が、いつ、どのような状況で危険な状況になっていたかを把握でき、これに合わせた適切な指導、対策を施すことができます。